鳥の診療

鳥類は、もともと40℃くらい体温がありますが、病気になると体温が下がってきます。

病気になった場合、それを補おうとして体温を上げるために体力を使ってしまうので、体を温めてあげることが重要です。

鳥類の診療は、症状によっては診療できない場合がございますので、まずはご連絡いただければと思います。

TEL:095-894-5222

鳥類について

病気の初期症状

病気の初期症状

・食欲がない

・吐き戻し

・うずくまる(体を膨らませている)

・鳴かなくなった

・便の様子がいつもと違う(色や形、数など)

・止まり木に止まっていない

・くしゃみをする

・尾羽を上下に振って呼吸している

・翼が下に垂れている

・その他いつもと違う行動が目につく

もし状態異常を発見した場合の対応

もし状態異常を発見した場合の対応

まずは温めてください!鳥かごの周りを30℃近くまで温めるようにしましょう。

その後は、安静にさせておき、直ぐに病院へ相談してください!

ご来院時にはカイロ等を使って温めながらお越しください!

鳥類についてのお勉強

鳥類についてのお勉強

一緒に過ごしていく家族として、飼い主様もペットのことを知る必要があります。

一緒にお勉強しましょうのページにて、小鳥についての項目もございますので、ぜひご覧ください。

数種類の小鳥のデータや、問題行動等について記載しております。

その他、気になったことや知りたいこと、不明点等ございましたら、いつでも当院にお問い合わせください。

TEL:095-894-5222

  • 犬・猫の診療
  • その他動物の診療
  • フェレットの診療
  • うさぎ・齧歯類の診療
  • 鳥の診療
  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • 院長ブログ
  • 総論
  • 各論