各論

動物と過ごす上で、ある程度の知識は必要です。

こちらのページでは、フクロウモモンガの食餌について、小鳥の種類等をご紹介いたします。

こちらのページにて記載のないことや、疑問点・ご不明点等がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

それぞれのペットについて

フクロモモンガの食餌
野生下では、樹液や果物などの植物性の食べ物に加え、昆虫などの動物性の食べ物を食べています。 果実食の動物というイメージが強いですが、雑食傾向が強いことが解ってきました。 動物性の餌が、30~50%ほど必要であると考えられ […]...詳しく見る
ラットについて
●齧歯目 ネズミ亜科 クマネズミ属 ●平均体重 ♂300~520g/♀250~300g ●平均寿命 3~4年 ●一日の食事量(g/体重100g/日) 5~10g ●一日の水分消費量(ml/体重100g/日) 10~12m […]...詳しく見る
ラットの食事について
主食 実験動物用固形飼料/ハムスター用固形飼料 副食 野菜、果物/動物性蛋白質 ≪与えてよい物≫ ●野菜 ニンジン・ブロッコリー・パセリ・カブ・大根・青梗菜・セロリ・ミツバ・カリフラワー・トマト・カボチャ・豆 […]...詳しく見る
ラットに良く見られる皮膚病・呼吸疾患について
≪ラットに良く見られる皮膚病≫ 皮膚炎を起こす原因は、ダニ、シラミ、疥癬、ノミなどの寄生虫。 環境中に普通に存在する細菌。 真菌などのカビ類。床剤や食餌によるアレルギー。 ホルモン異常。 栄養状態など多岐にわたります。 […]...詳しく見る
セキセイインコについて
世界で最も多く飼育されているオウムの仲間。 セキセイインコは、単独でも複数でも飼う事が出来ます。 体が小さく、世話も難しくないので初めての飼い鳥として非常に適しています。 アパートや狭い家でも飼う事が出来ます。 かなりの […]...詳しく見る
オカメインコについて
オーストラリア原産の小型のオウム。 セキセイインコの次に多く飼われているオウムの仲間。 スマートで冠羽のあるこの鳥は、色のバリエーションも多い。 性格も穏やかで甘えん坊な性格。 広めのゲージが必要だが、アパート飼いにも適 […]...詳しく見る
ボタンインコについて
小型だがエネルギッシュな鳥。 マダガスカルとアフリカが原産。 色のバリエーションが豊富。 良く飼われているのは、コザクラインコ、ルリコシボタンインコ、キエリボタンインコ。 ラブバードという別名があるが、気に食わない鳥や人 […]...詳しく見る
グラスパラキートについて
アキクサインコ、ヒムネキキョウインコ、テンニョインコ、ビセイインコ、などの小型で色彩豊かなオーストラリア原産のオウムの総称。 多くが雌雄別色で、外見での見分けが容易。 美しい声で鳴き物静か。 独立心が強くスキンシップを嫌 […]...詳しく見る
ルリハインコについて
ラテンアメリカ原産の小型で緑色の個体が多い。 とても賢く、活動的。 狭い場所でも飼える小型のインコ。 人に良く慣れ個性的な性格。 群れや家族単位で行動するが、同じ方向に続けて飛ぶことは少ない。 マメルリハインコ、メキシコ […]...詳しく見る
ブンチョウについて
江戸時代日本に渡来。名古屋を中心に繁殖され始めた。 野生種から桜文鳥が、桜文鳥から白文鳥が生まれた。 丈夫で気が強い。 人に良く慣れる。 ●学名:Padda oryzivora ●原産国:マレー半 […]...詳しく見る
キンカチョウについて
喉から胸元にかけての白黒模様が特徴。 ゼブラフィンチと呼ばれる。 約50品種に近い色変わりが作られており、奥が深い種。 寒さに弱いが丈夫で飼いやすい。 動作が愛くるしい。 ●学名:Taeniopygia guttata […]...詳しく見る
カナリアについて
1440年代から飼い始めれた小鳥。 ブリーダーにより、姿形・色にこだわり繁殖させたり、鳴き声にこだわったりしており様々な品種が存在する。 カナリアの歌声は雌を呼ぶためのなので、換羽期やペアで居る場合は歌わない。 ` […]...詳しく見る
小鳥の産卵防止方法の一例
1:巣(箱)および巣作りの刺激を与えない。 巣(箱)およびそれに変わるものを与えない。 ※大きな餌入れや、洋服のポケットや空き箱、引き出し等 ・暗がりや狭い場所に行かせない。 巣箱の中に居る気になってしまう。 ・かごの床 […]...詳しく見る
小鳥の問題行動
小鳥は、群れの中で一番高い位置を占める個体が最も強い固体である。 それゆえに、止まり木に居る状態で鳥の頭が立った人の胸より高い位置にある場合、自分が人より優位な位置にいると思い込む。 また、自由に家の中を動き回っている鳥 […]...詳しく見る
  • 犬・猫の診療
  • その他動物の診療
  • フェレットの診療
  • うさぎ・齧歯類の診療
  • 鳥の診療
  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • 院長ブログ
  • 総論
  • 各論