ホーム > 総論 > 動物をお家に迎えたら

動物をお家に迎えたら

さて、いよいよ新しい家族が増えました。

まず、最初に名前を決めてあげましょう。

ショップに並んでいる仔達は、たいてい親元から離すのが早すぎる幼い子がほとんどです。

これは買う側が幼い子を欲しがる傾向にある為なのですが・・・・・ (今は法律により、販売月齢が定められている種があります。)

ただでさえ精神的、体力的に不安定な時期の子達なので、急激な環境の変化に上手く対応できません。

お家につれて帰ると、急に激しい下痢をし始めたり、食欲を無くしたりということが多いと思います。

特に草食動物の下痢は、命に関わることが多いです。

そのような事に成らないように気を付ける事が必要になります。

まずは、落ち着ける場所を探しましょう。

・直射日光が当たらない

・適度に日がさして明るい部屋

・適切な湿度を保てる

・一日の気温が一定に保てる

・隙間風が入らない

・エアコンの風が直接当たらない

・静かにすごせる

・人の行き来が少ない

・部屋の壁際(ただし、窓際は絶対だめです。)

・ほかの動物が近づいて来ない場所

・人の目が届くところ 上記を参考に、場所が決まったら早速置いてあげましょう。

接し方についての注意点です。

●最低でも2~3日は、触らない。見守るだけ。

●ケージを開けたり掃除をしたりするときは、先ず優しく声をかけてから行動する。動物の注意を自分に向けてから。

●名前を優しく呼びながら、少しずつ餌やオヤツを手であげてみる。怖がるようなら無理をしない。動作はゆっくりで、驚かせない。

●ある程度怖がらなくなったら動物の活動時間に応じて、触れ合いタイムを決め、少しずつ撫でてみる。

●人見知りしない仔、激しい仔。個体差があるので無理をしない。他所は他所。この仔はこの仔。のんびり馴らしていきましょう。

●名前を呼んで怒ったり、嫌なことをしない。名前を呼ぶと怖がったり、逃げたりするようになります。

●信頼関係がしっかり出来るまで、嫌がること怖がることはなるべく避ける。

これで大切な家族になりました。

これを期に、健康診断を兼ねて観察日記を付けてみてはいかがでしょうか?

きっと、楽しいと思いますよ。

souron_img03

  • 犬・猫の診療
  • その他動物の診療
  • フェレットの診療
  • うさぎ・齧歯類の診療
  • 鳥の診療
  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • 院長ブログ
  • 総論
  • 各論