ホーム > モモンガ > フクロモモンガの食餌

フクロモモンガの食餌

野生下では、樹液や果物などの植物性の食べ物に加え、昆虫などの動物性の食べ物を食べています。

果実食の動物というイメージが強いですが、雑食傾向が強いことが解ってきました。

動物性の餌が、30~50%ほど必要であると考えられています。

飼育下では、甘い食べ物を好み偏食がちである為に、肥満傾向にある個体が増えています。

標準体型の大人の場合、一日の必要エネルギーが、約55kcal程度であると考えられています。

要求量は個体差があり、年齢や体格、状態、環境によって変化します。

様子を見ながら、食餌のバランスや量を考えてあげましょう。

メニューの例

1.イースターのモモンガセレクションで、約10g/日。

もしくはハムスターセレクションで、約10g/日。

これに、2~3種類の野菜を約30グラム程度混ぜる。

オヤツとして、果物や動物用のチーズや煮干、昆虫などを与える。

モモンガ用のネクトンもしくは、小鳥用のネクトン適量

2.モモンガセレクション5g

細かくした果物10g(偏食を防ぐため細かく切ってペレットと混ぜあわせる)

2~3種類の野菜5g

動物用チーズ・煮干・昆虫・ゆで卵などを2~3g

モモンガ用のネクトンもしくは、小鳥用のネクトン適量

3.3~4種類果物30g

動物性たんぱく質15g(モモンガセレクション又はハムスターセレクション5gその他10g)

3~4種類の野菜20g

モモンガ用のネクトンもしくは、小鳥用のネクトン適量

4.モモンガセレクション5g又は、ハリネズミフード5g

リードビーター5g

2~3種類の野菜少し

※リードビーター 本や個人によって材料が代わりますが、一例を紹介します。

お湯150cc

蜂蜜150cc

ゆで卵1個(殻付)

シリアル(プレーンの玄米フレークなど)2.5g

モモンガ用のネクトンもしくは、小鳥用のネクトン小さじ1杯

これらをミキサーでよく混ぜ合わせ、ペースト状になじませる。

冷凍して保存して使う。

約1月保存可能。

以上4つのレシピをご紹介いたしましたが、これらを参考にして独自のレシピを考えましょう。

量は、体重と体形を見ながら個体によって加減してください。

果物は、果糖が多くリンの含有量も多い為、与えすぎるとカルシウム2:リン1の割合が崩れ、くる病や肥満の原因になります。

総合ビタミン剤やカルシウム剤の添加は、代謝性骨疾患の予防になりますが、与えすぎには気をつけましょう。

カルシウムが多い果物

イチジク・グレープフルーツ・パパイア・ラズベリー カルシウムとリンがほぼ同等の果物

さくらんぼ・マンゴー・ブドウ・洋ナシ・パイナップル・すもも

キウイフルーツ・ブルーベリー その他お勧めの果物(嗜好性がいいもの)

リンゴ・メロン・いちご

野菜

キャベツ・チンゲンサイ・小松菜・ニンジン・サツマイモ・ブロッコリー・カボチャ

動物性たんぱく質

コオロギ・ミルワーム・動物用煮干・動物用チーズ・ゆで卵・モモンガ用固形フード・ハムスター用固形フード・フェレット用固形フード・ハリネズミ用固形フード・雑食性トカゲ用固形フード・ドライキャットフード

サプリメント

モモンガネクトン・鳥用ネクトンS・ビタミンD3添加カルシウム剤・樹液パウダー

※サプリメントは与えすぎに注意しましょう。

肥満の子は、果物の量を減らして調整し、痩せている子はモモンガフードを増やして調整しましょう。

量のかさましは非でんぷん質のお野菜を使いましょう。

kakuron_img01

  • 犬・猫の診療
  • その他動物の診療
  • フェレットの診療
  • うさぎ・齧歯類の診療
  • 鳥の診療
  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • 院長ブログ
  • 総論
  • 各論